集客一覧

フィットネスクラブが成功するために必要なことは?

日本のフィットネスクラブは飽和状態にあります。 その数は、2020年の時点で7800店舗を超しています。 その後も24時間フィットネスやFCでのフィットネスクラブが続々と増えています。 この数は、日本に存在するホームセンターの数よりも多いです。 日本で飽和状態になっており競争激化するフィットネスビジネスで成功するためには、何が必要でしょうか?

フィットネスクラブでより専門性の高い体組成測定サービスが提供される時代

体脂肪量、筋肉量、水分量、骨密度などの体組成測定することは、会員さんのモチベーションを上げるだけでなく、数か月後に再度測定をしてトレーニグの効果を感じていただくことによって継続率を上げ、退会を防止するのに役立ってきました。 しかし、今後は今まで以上により細かい体組成測定を実施することにより専門性の高い運動指導(運動処方)を受けることが出来る必要があります。血液や尿等から体内の成分の検査を行い、体の状態に合った個別ソリューションを提供をするようなサービスがあることでフィットネス業界はどう変わってくか?

フィットネス業界もシニア対象ビジネスに特化する時代かもしれません

高齢化が進むことでフィットネスクラブは、集客対象を高齢者にシフトチェンジする必要があると考えます。 高齢化による娯楽領域に生じる事業機会は何かを考え、フィットネスクラブは益々、固定概念をなくして新しいサービスを提供すべきではないでしょうか。

今フィットネスクラブに出来ること

コロナ禍の状況でフィットネスクラブ、スポーツジム、運動施設が出来ることは、感染予防対策だけではありません。 全てが元通りになることのない今、固定概念を持たず、新たなサービスを展開したクラブのみ生き残ることが出来ます。

コロナ禍のフィットネスクラブのあり方

新型コロナウィルスの影響により、フィットネスクラブ、スポーツジム、運動教室の多くが苦しい状況となりました。 コロナ禍の状況でも最高益を打ち出す企業もありみあすが、フィットネスクラブ等は業種的に非常に難しい状況です。 今、フィットネスクラブはどう考え、どう行動すべきか?どう集客し、どう退会を減らしていくべきなのか?を考えたいと思います。

フィットネスクラブもマネタイズ

フィットネスクラブ運営企業は、施設に集客するだけでなく、収入のチャンネルを増やすべきだと思います。 その一つが、サイトやアプリでもマネタイズです。 フィットネスクラブは今や飽和状態です。顧客の取り合いではなく、会員様から頂く会費以外で利益を生む方法が必要な時代になりました。